弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

複数あるB型肝炎の原因

一般的にB型肝炎に感染する原因というのは、人の血液や体液などが関係していると言われています。

注射の針などに付着したほかの人の血液の中にB型肝炎のウィルスがある場合に、注射針を使いまわしてしまうと、他の人がB型肝炎に感染する原因となってしまう事もあります。そのため、医療機関などでは感染を予防するために、一人ずつ針を取り換えています。

昭和23年から昭和63年までの間にツベルクリン反応検査などの集団予防接種を受けた方は、これが原因となりB型肝炎ウイルスに感染してしまっている方が最大で40万人以上いるとされているようです。

しかし、医療機関などではなく刺青やピアスをする際などに、他の人が使用した針などを使用すると感染してしまう危険性なども考えられます。これらはおしゃれの一環として行っている人も多いですが、病気の原因となってしまう危険性があるという事をきちんと認識して注意したいですね。

B型肝炎給付金請求のための血液検査に関する書類

B型肝炎給付金の請求のためには、請求に必要な書類を集める必要があります。B型肝炎には一次感染者の場合と、母子感染による二次感染者の場合があります。

血液検査に関しては、一次感染の場合は、B型肝炎ウイルスに持続感染していることを示すために本人のもの、また母子感染でないことを示すために母親のもの、父親からの感染でないことを証明するために父親の血液検査結果が必要になります。母親がすでに亡くなっている場合は年長の兄か姉のものが必要です。二次感染者の場合も、母親が一時感染者であることを示すために母親のもの、本人が持続感染していることを示すために本人のものが必要です。

B型肝炎給付金請求のための書類はその他にもいろいろあります。手続きに関する問い合わせは社会保険診療報酬支払基金・給付金等支給相談窓口や各地の弁護団に問い合わせます。

いつまでにB型肝炎給付金を申請すべきか

いつまでにB型肝炎給付金の申請をすればよいか迷っていることがある場合には、腕利きの弁護士が在籍している法律事務所にお世話になることが欠かせません。

顧客対応の良い法律事務所の選び方について興味を示している日本人が大勢いるといわれていますが、将来的な不安を解消するために、最新のB型肝炎給付金のシステムの内容をチェックすることが良いでしょう。

人気の高い法律事務所のサポートの良しあしを比較するために、ある程度の時間がかかることがありますが、B型肝炎給付金についての同様の問題を解決した人の感想などを参考にしながら選んでいくことが大切です。

B型肝炎給付金は裁判をし和解で支払われます

1941年から1988年の国の予防接種において、注射針の使いまわしによるB型肝炎感染が発症したことを国が認めたために、B型肝炎給付金が支払われることになりました。

特別措置法が施行され、平成24年1月13日から平成34年1月12日までに国に対して民事裁判を起こすことが必要です。医療機関の診断書など必要な書類を揃えて不備がなければ、国は和解の形をとりB型肝炎給付金が支払われます。

すでに亡くなっている方は、病院のカルテなど証明できるものがあれば遺族が給付金を受け取れます。慢性B型肝炎や無症候性キャリアなど症状に応じて金額は異なります。

B型肝炎給付金に関する記事