弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

サイト案内

B型肝炎訴訟の事は弁護士に聞こう!

もっと詳しい事をしりたいのだけれど、誰にB型肝炎訴訟の事を質問すればいいのか分からないという人はいませんか。その様な場合には、ぜひ弁護士にB型肝炎訴訟の事を聞きたいですね。

B型肝炎訴訟に力を入れている弁護士であれば、きっといろんな事を話してくれるでしょう。中には被害者にとってタメになる事もあるかと思います。自分で悩んでいるだけではなくて、しっかりとプロの意見を聞く事で、前に進める事もあると思いますので、参考程度に意見を求める事も可能でしょう。

話ができる弁護士が近くにいないという場合には、無料相談や説明会などの機会を利用するのも良いのではないでしょうか。自分から行動を起こしたいですね。

当サイトでは、B型肝炎訴訟を扱う弁護士についてや給付金に関する情報を掲載しております。

B型肝炎訴訟によって給付金の対象者となる人とは

B型肝炎訴訟は、子どものころに受けた集団予防接種がB型肝炎を発症した原因だと思われる方々が原告となり、国を相手取って集団訴訟を起こしたものです。

さまざまな経緯を経て、裁判所の仲介で行った和解協議の結果、国が対象者に対し、50~3600万円の給付金を支払うことでB型肝炎訴訟は決しました。給付金支払いの対象者となるためには、証拠に基づく事実確認が必要です。

手続きとしては、国を相手に国家賠償請求訴訟を起こして、国と和解するというプロセスを踏みます。訴訟を起こせるのは、昭和23年7月1日~昭和63年1月27日までに集団予防接種を受けてB型肝炎を発症した方と、母子感染したその方の子です。

B型肝炎給付金が支給される人とは

B型肝炎給付金はB型肝炎になったすべての人がもらえるものではありません。集団予防接種での注射器の使い回しなどが原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった本人、又は家族が対象となります。

B型肝炎給付金といっていますが国から支給される損害賠償金の事です。症状別に給付される金額が変わります。発症してから20年以上未請求だともらえる金額が大幅に減ってしまうので注意が必要です。

集団予防接種で感染してしまった人だけでなく母子感染した人も支給対象になります。その場合、血液検査結果、予防接種台帳、母子手帳等の提出書類が必要です。本人が亡くなられた場合でも証明できる診断書があれば相続人の方などがB型肝炎給付金請求することができます。