弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

厚生労働省によるB型肝炎の給付金について

健康というものはわたしたち人間にとって、非常に重要な人生の要素であるといえます。そして、その国民の健康を守る義務を、政府、特に厚生労働省は持っています。

具体的には患者への給付金などの援助があげられます。近年話題になった中だと、B型肝炎などの事例があります。このB型肝炎という病は一度感染してしまうと、抗ウイルス療法などの根本的な対抗手段が存在しないため、持続的に支援をしてゆくことが重要となるのです。

そのために政府や厚生労働省の大きな力による支援は重要な役割を果たし、人の命の救済に役立っているのです。

受け取りたいB型肝炎給付金

もしB型肝炎給付金を受け取る条件をすべて満たしている場合には、ぜひ受け取る様にしましょう。

しかし、B型肝炎給付金は訴訟をしないと受け取る事はできません。ですので、B型肝炎給付金を受け取りたいと思っても、すぐに実現する分けではありません。

場合によってはB型肝炎給付金の受け取りは、予想以上に長くかかる事もあるでしょう。

また、健康状態が良くないという人であってもB型肝炎給付金の受け取りに向けて手続きを行う事もありますので、その場合にはかなり体の負担があり、しんどく感じられる事もあるかと思われます。

それでもB型肝炎給付金の受け取りを一人で行う分けではなくて、弁護士と共に行う事になるかと思いますので、落ち着いて取り組みましょう。

B型肝炎給付金該当者が死亡している場合

B型肝炎感染者がすでに死亡されている場合のB型肝炎給付金訴訟は、国からの損害賠償金ですから弁護士さんに依頼の上ですが日本国民は平等ですから要件が満たされて国及び司法が、認めれば生存者と扱いは同じです。

和解金としてB型肝炎給付金が遺族に支払われる場合の最高額3000万円以上の事も有りますので、相続税は大きな問題です。しかしこの場合は、損害賠償金又は見舞金等として遺族に直接支払われるもので亡くなられた方の相続財産には該当しません。なおこの場合一時金として支払われるものなので定期的性はないためみなし相続税にも該当しません。

B型肝炎給付金に関する記事