弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

弁護士に依頼してB型肝炎訴訟で給付金を相続

B型肝炎感染者給付金などを請求する為には感染した本人だけでなくそのご家族など相続人の方が裁判所に申し立てをする必要があります。そして確定判決か和解調書を社会保険診療報酬支払基金に提出すると支払われます。B型肝炎訴訟は個人で申し立てることもできますが、弁護士に依頼する方がスムーズです。

必要な書類などを用意する際のアドバイスをもらえて早く確実に用意できます。訴状を作るのもプロが代行してくれるので手間が省けます。さらに、給付金とは別に弁護士費用が国から給付金の4%に当たる金額が支払われるのです。相続人の方も諦めないで弁護士に依頼をしてB型肝炎訴訟手続きを行うことをおすすめします。

B型肝炎給付金の受給について

本人がB型肝炎給付金を受給する事ができるのかどうかわからないという場合においても、弁護士に相談して確認してもらう事もできる様です。

また、B型肝炎給付金の受給については、弁護士との話し合いだけではなくて、病院で検査をしないといけない事もありますので、結果が分かるまでに少し時間を要する事もあります。

B型肝炎給付金の受給について分からずモヤモヤとしている状態がずっと続くのではなく、はっきりとした事が分かれば、その後の生活はB型肝炎給付金について気にする事もなく安心して暮らせるでしょう。そういえばB型肝炎給付金について気になっていたという人は、この機会に調べてみてはどうでしょう。

B型肝炎給付金の手続きについて

B型肝炎給付金の手続きを紹介します。
この給付金をもらうには、裁判所での手続きになります。

まずは、弁護士に依頼しましょう。ご自身でも請求することは可能ですが、複雑で専門的なことも多いので弁護士に依頼した方が得策です。依頼することができたら、B型肝炎訴訟の準備をします。

B型肝炎訴訟の提出にはB型肝炎ウイルスのキャリアであることの証明が必要になります。血液検査の結果や、母親が一時感染である証拠などの医療記録が必要です。書類が揃ったら訴訟を起こします。

事前に集めた証拠や資料を提出して、自分が感染者であること、相続人であることを証明します。この証明ができれば、国と症状の内容に応じてのB型肝炎給付金の支払いを受ける和解をします。和解ができたら裁判は終結し社会保険診療報酬支払基金に申請をして、給付をうけることができます。

B型肝炎給付金の給付を受けていない方は多くいらっしゃいますので、ぜひ参考にしてみてください。

B型肝炎給付金請求手続きに関する記事