弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

交通事故での外傷と慰謝料

一見すると交通事故での外傷はたいした事がない様に感じられる事もあるかもしれませんが、むち打ちとなってしまっている場合や、後遺症が発生している場合には、慰謝料は高額化する事もあります。

ですので、交通事故での外傷だけでは慰謝料は判断できない事も多いでしょう。交通事故で外傷もなくて、痛みなどもなくても、念のために病院で検査を受ける事もあると思います。

交通事故での慰謝料は、医師の判断を元にして行われます。ですので、交通事故においては最終的にいくらの慰謝料が請求されるのかという事はその時になってみないと分からない事もあると思います。慰謝料は備えておくのが賢いと言えるかもしれません。

交通事故慰謝料の診断書に注意する

交通事故慰謝料を受け取る場合に大事になってくるのが診断書ですが、医者の書き方が違ってくるだけでもらえる額が変わってきてしまう場合があります。医者は治療が完了して治癒したかどうかを判断して治癒と書き込めばそこまでの金額を支払うことになりますし、治癒ではなく中止と書き込めば慰謝料は7日分多くもらえる計算になります。

また診断書は医師ではなくて柔道整復師でもかけるのですが、医学的知識に乏しいと思われてしまうので、治療費請求において説得力に乏しいと判断されてしまう場合もあります。相手側に反論を与えないようにするために交通事故慰謝料の際は医者に依頼する事が重要です。

交通事故の慰謝料の増額の相談と弁護士の利点

交通事故の治療費や慰謝料の増額を請求するためには、様々な手続きが必要となることがありますが、いち早く信頼のおける弁護士にアドバイスを受けることが肝心です。

この頃は、交通事故の被害者に対する相談対応が充実している弁護士の選び方に関して、色々な立場の人から期待が寄せられており、短期間のうちに相談先を見つけることが望ましいといえます。

そして、交通事故のトラブルの発生率の高さについて知りたいことがある場合には、各地の有力な事務所のスタッフからアドバイスをもらうことで、何時でも落ち着いて対処をすることができます。

交通事故相談に関する記事