弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

過払いの費用

一般的に法律関係の資格がない人が過払い金を請求するには、資格がある専門家の力を借りる事が多い様ですね。この件について相談する事ができる専門家と言えば、司法書士かもしくは弁護士が挙げられるでしょう。彼らに相談すると、その費用が高くつくのではと懸念する人もいるでしょう。

しかし、過払いにかかる費用を支払う債務者は、すでに借金を返済している最中であったり、また完済して間もない時期であり、生活が苦しい事も少なくありません。そこで、支払いやすい様に費用を分割して払える様にしている法律関連の事務所もあります。

費用が払えるかどうかという心配があるのであれば、最初に司法書士かもしくは弁護士に相談しておきましょう。

過払いと倒産のリスク

過払い問題の影響もあり、貸金業者の経営は以前よりも厳しくなっています。過払いは、完済したものについても遡って請求できるので、銀行の資本が入るなどして経営を立て直した大手など、体力のある一部を除き多くの貸金業者が倒産している状況です。

貸金業者が倒産してしまうと、会社の資産が分配され、債権者としてこれを受け取ることになりますが、概ね数%の低い配当率になります。当時貸付残高第2位、TVCMも放映していた大手の例では配当率3.3%です。こうしたリスクを避けるためにも、大阪で過払い請求を行動に移すのは、一日でも早い方が良いでしょう。

長期の取引は過払い金返還請求を検討

必ずとは言えませんが、およそ5年を超える様な長い期間、返済を続けているという人は、過払い金返還請求を行う事ができる場合もある様です。

金利が高いという場合には、過払い金返還請求ができる可能性はさらに高くなるでしょう。

ぜひ過払い金返還請求を検討してはどうでしょうか。過払い金返還請求は自分で行うとなるとかなり難しくなるという事が予想されますが、弁護士や司法書士といった法律家が行ってくれますので、特に難しい事を行うという必要はないかと思われます。

返済中から過払い金返還請求を行う事もできますが、完済した後で行う事もできます。早めに済ませて落ち着きたいという人もいれば、後でゆっくり行いたい人もいるでしょう。

払い過ぎた利息は弁護士に依頼して過払い請求できる

法定金利を超える借り入れで払い過ぎてしまった利息は過払い請求を行うことができ、金額が多ければ残高がなくなるだけでなくお金が戻ってくることもあります。完済した借り入れに対して行う場合は信用情報に影響がなく、返済中の借り入れの場合は債務整理として記録されますが、過払い請求で残高がなくなれば記録は削除されるのでクレジットカードやローンが利用できなくなることはありません。

手続きを行うタイミングで信用情報への影響が異なるので、過払いがどの程度あり、今すぐ請求した方が良いのか、残高を減らしてからの方が良いのか弁護士に相談して決めると良いでしょう。

カードローンで過払い金が戻ってきた大阪での事例は?

大阪では、カードローンで過払い金が戻ってきた事例があります。ある男性がカードローンの返済で多額のお金を支払っていたのですが、結果的にその方は大金を取り戻すことに成功していました。

過払い金の額が大きいため、貸している業者が難色を示していたのですが、あらかじめ、しっかりとした弁護士に手続きをお願いしていたたため、法廷において業者を論破し、250万円というお金を取り戻していました。実際に、借金の返済で払い過ぎているのではないか、と不安な気持ちになっている方がいるのであれば、あきらめず専門の弁護士に相談したほうが良いでしょう。

過払いに関する記事