弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

B型肝炎の救済で訴訟費用の他に必要な費用

国に対してB型肝炎の救済を求めている人は、訴訟費用を支払う必要が出てきますが、被害者が実際に支払うのは、訴訟費用だけではなく他にも必要な費用が出てきます。

例えば、弁護士費用が含まれるかと思います。B型肝炎の事で相談したいけれど、弁護士費用の事が気になっているという人も多いでしょう。

B型肝炎の被害者の中には、経済的に余裕がないという人もいるかと思います。
弁護士事務所の中には、被害者が支払う弁護士費用の方が給付金を上回ってしまう様な事がない様に、受け取る事ができる金額に対して、割合で費用を決定している事もある様です。

これなら訴訟費用の他に弁護士費用が必要でも、大きく家計の負担とならないかもしれませんね。

B型肝炎訴訟に関して

裁判所を通した手続きなしにB型肝炎訴訟を行う事はできません。また、B型肝炎訴訟については裁判所を利用する事ができる平日に出向かないといけません。また、B型肝炎訴訟となると気持ちの面において負担を感じる事もあるかと思います。

しかし、B型肝炎訴訟は自分だけで対処しないといけないという事はありません。弁護士と一緒にB型肝炎訴訟をする事ができます。何かあればすぐに相談できる環境が整っている場合には、ストレスを感じる事も少なく済ませる事ができるかと思われます。弁護士はかなりの部分を行ってくれます。体力的に厳しいと感じている人であっても、問題なく給付金の受け取りまで進める事ができるかと思われます。

B型肝炎訴訟での金額はどれくらい?

どのような方がB型肝炎訴訟をおこすことができるのでしょう?

集団予防接種の際に、注射器の連続使用によりB型肝炎に感染し、今でも持続感染している方が対象となります。さらに、
1)昭和16年7月2日~昭和63年1月27日までに生まれの方
2)感染者である母親からの二次感染
3)これらのB型肝炎によりご家族を亡くされた方
その他、基本合意書に定められた要件を充たすと国に認められた人です。

では、国とのB型肝炎訴訟に勝った場合の給付金の金額はどれくらいなのでしょう?約5万から3500万の金額が支払われます。自分は該当するのではないか?という方は法律相談等を受けてみてはいかがでしょうか。

B型肝炎給付金に関する記事