弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

B型肝炎患者への給付金のための書類作成

今だ感染に苦しむ患者さんが大勢いるB型肝炎ですが、過去の集団予防接種などの際、注射器の連続使用によるウイルス感染者の方と、同様の原因から母子感染をした方に対して国からB型肝炎給付金支給が実施されています。

病態に応じて50万円から3千6百万円までの給付金になりますが、受給するには裁判所による和解手続などの書類を取り揃える必要があります。B型肝炎訴訟などにかかる書類作成等の弁護士費用についても、認定後の給付金に加えて訴訟手当金として支給されます。

B型肝炎と長い期間向き合っていかなければならないご本人やご家族のための制度になっています。

B型肝炎給付金の手続きは誰に依頼するべきか

B型肝炎給付金はB型肝炎への感染が認められ、裁判によって和解が実現された相手に給付されるお金です。

しかしB型肝炎給付金の給付を申込むための手続きや書類集めはかなり煩雑で、個人では実現が難しいと言わざるを得ません。そうなると専門家に依頼をするべきとなるのですが、この場合は弁護士に頼むのが一番良いでしょう。

弁護士は法律の専門家であるためにB型肝炎給付金のことは引きうけてもらえないのではと思われることもありますが、実際には国を相手とした国家賠償請求訴訟を起こすわけですから、問題無く弁護士に引き受けてもらえます。それに国もこの場合の弁護士費用を一部負担してくれるようになっているため、積極的に利用するようにしましょう。

B型肝炎給付金と生活保護について

B型肝炎給付金とは国が予防接種の際に注射器の使いまわしを許したことが、相次ぐB型肝炎ウイルス感染の原因となったことを認め、救済措置として支払われる給付金のことです。

病状によって金額は異なり重度となると働くこともままならず、高額な治療費にも困窮するというケースも考えられます。その場合は申請までの間生活保護を受けることも検討の余地があります。B型肝炎で重度の進行があることを証明すれば対象となる可能性は十分あります。

またB型肝炎給付金が支給され一旦生活保護が打ち切られた場合でも再度申請することができます。

B型肝炎給付金に関する記事