弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

B型肝炎訴訟の相談を弁護士にするメリット

通常は、裁判の手続きというのは面倒に感じられる事が出てきたり、また自分だけではどの様に対処していいのか分からない事が出てきたりと、自分でやってみると厄介に感じられる事もあるかもしれませんね。そこに、B型肝炎訴訟の相談を弁護士にする事メリットがあるでしょう。

B型肝炎訴訟は自分で行う事も全く不可能ではありませんが、代行してくれる弁護士に頼むだけで彼らが話を前に進めてくれます。依頼者は不安や煩わしさをあまり感じる事なく、すべて終えられるかもしれません。

B型肝炎訴訟のすべてを行う時間がない人や、知識が足りないと感じている人は、弁護士の力を借りながら行う人もいます。

B型肝炎訴訟と検出ウイルスの関係性

現在おこなわれているB型肝炎訴訟の結果、各人から検出されるB型肝炎ウイルスの総量や状態、つまり病態によって、その病態に合わせた給付金が支給されるようになりました。

この給付金は厚生労働省を始めとした国から支払われるものであり、最低でも数十万円、最高だと数千万円もの額が支払われています。

またB型肝炎訴訟において、どうしてこれだけ大量のB型肝炎の感染者が出るようになったのかも判明しました。

B型肝炎の感染経路は血液感染であり、かつて日本の病院内で注射器の使い回しがおこなわれていたために、これだけ爆発的に感染が広まったのです。

B型肝炎訴訟で判明した大人から赤ちゃんへの感染

現在数多くおこなわれているB型肝炎訴訟で分かったことは、B型肝炎は血液感染や母子感染をするということであり、すなわち母親である大人の女性のお腹のなかにいる赤ちゃんにも感染してしまうということです。

B型肝炎は血液感染しますが、それでもこのようなB型肝炎訴訟で大きく取り上げられるほど爆発的な感染は極めて珍しいです。そこには自然発生的な原因があるわけではなく、かつての病院内の医療体制といった、確実な人為的要因が存在します。

いまから半世紀以上前のかつての医療現場において、一つの注射器を何回も使い回すという慣習がありました。その慣習がここまでの感染の拡大につながったのです。

肝炎訴訟において必要な書類

B型肝炎訴訟は国が責任を認めているために、法律事務所を通してB型肝炎訴訟を起こせば、特に大きなトラブルもなく給付金を受け取ることができますが、給付金を受け取るためにはいくつかの書類の提出が求められます。

まずB型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するもの、二つ目に集団予防接種が原因で感染したことを証明するもの、三つ目に集団感染ではないことを証明するもの、そして、その他集団予防接種等以外の感染原因がないことを証明するものです。

また、集団予防接種によって感染した親からの母子感染の場合もそれを証明する書類が求められます。

B型肝炎訴訟の感染は輸血ではなく集団予防接種

B型肝炎訴訟では集団予防接種によるB型肝炎の感染が原因となります。

昭和23年から昭和63年まで国が行っていた予防接種において注射器の使いまわしを行っていたために多くの人がB型肝炎に感染してしまいました。

B型肝炎訴訟では一般的に感染が懸念される輸血によるものと区別され証明されなければいけません。その為には、母子手帳や予防接種を行ったことがわかる書類を揃えることが重要です。見舞金は国に肝炎訴訟を起こし、国が和解に応じることで和解金として支払われます。国は注射器の使いまわしで感染したことを認めていますので必ず和解に応じます。

B型肝炎給付金請求手続きに関する記事