弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

離婚相談解決には弁護士がおすすめです

離婚をお考えの方、離婚を円滑に解決したい方には弁護士に離婚相談をするのがおすすめです。弁護士は離婚に関する知識も豊富ですし、メリットやデメリットなども教えてくれます。また、離婚時に相手とのトラブルが起こった場合にも適切な処置をしてくれます。

離婚時にもめやすい子供の親権問題や慰謝料についても、相談者に有利になるようにアドバイスや処置をしてくれるので安心です。

離婚問題は相手もいる事なので慎重に進めるのが適切です。そのためにも離婚をよく知っている弁護士に離婚相談をするのがおすすめです。費用の面でも相談に乗ってもらえます。

男性からの離婚相談の傾向

一昔前は男女差があり、女性は家庭の中で弱い立場にいました。夫には服従し、親戚にもいじめられたという話はよく聞きます。女性は離婚したいと思っても経済力がないので、我慢するしかありませんでした。しかし、最近は「イクメン」の言葉が浸透し、「家事や子育てに積極的な男性」が増えています。

男女平等になり、良い社会になったと思います。しかし、近年は男性から「家事をやってもやっても妻に要求されて疲れてしまった」という離婚相談が増えています。

家庭は夫婦二人が助け合って築いていくものです。こういう離婚相談はお互いに思いやりがないから起こることです。お互いを尊重しつつ、より良い家庭、より良い社会を目指したいものです。

子供の親権問題は離婚相談をしてみる

結婚して子供がいる場合の離婚の時には、親権問題が付きまとってきます。

どちらが引き取るのか揉めることにもなります。また養育費の問題なども付きまとってきますので、必ず離婚相談をして、解決に結びつけるようにした方が良いのです。

どちらも引き取りたい場合もありますが、逆に引き取りたく無い場合もあります。しかし子供の生活をしっかりとさせて行かなくてはならないので、離婚相談をして、どちらと一緒に居るのが、幸せになるのか、判断してもらう事が大切になります。

離婚相談は弁護士を利用すれば、後になってからのトラブル回避と言う面でも良い事となるのです。

熟年離婚を考えたときに離婚相談するときの心構え

熟年離婚とは婚姻関係が20年超の夫婦の離婚を言います。最近の離婚相談でも件数が増え、結婚全体の20%近くが熟年離婚に該当し、平成19年に始まった年金分割制度がその後押しをしているとも言えるようです。

多くは女性の側からの切り出しで、子育てが終わるまではと性格の不一致を感じつつも我慢を重ねた挙句の限界、という理由が多いようです。したがって争点は子供の親権というより離婚後の経済基盤を確保するための財産分与、年金分割にあると言えます。離婚相談ではこれらの点を円満に解決することに最大のポイントがあります。

相談や離婚協議の契約に関わる業務であれば行政書士も相談を受けていますが、代理人ということであれば弁護士が担当することなります。

離婚相談に関する記事