弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

B型肝炎訴訟は弁護士へ

感染原因は一つではなく他にも考えられますが、その中でも集団予防接種を行った事が直接の原因となってB型肝炎を発症している場合には、訴訟を起こして救済してもらう事もできます。

2011年にB型肝炎の被害者が訴訟を行い、国が謝罪するに至っています。基本合意が行われ、他にも該当しB型肝炎の訴訟を希望する人は、できれば被害者の救済を行っている弁護士に対して相談してみるといいでしょう。その際には、いろいろ資料などが必要になる場合もあります。

昔の事ですので処分したり、なくしてしまっているという人もいるかと思います。
その場合でも、諦めないで状況を弁護士に伝えてみてはどうでしょう。

B型肝炎の訴訟で給付金を得るためには弁護士に相談

B型肝炎の訴訟で給付金を得るためには手続きは必要です。一般的に理解できる部分もあるのでこのB型肝炎に関する訴訟に詳しく弁護士に相談したほうがいいです。というのも医療を対象としたものは、その医療的な知識がないと対応できない点もあり、この内容に精通している弁護士であれば、スムーズに解決してくれます。

B型肝炎の症状に至る因果関係がカルテなどの医療記録にしっかり残っていると訴訟を起こすことなく、賠償金の受給のための交渉も即座にできるため、裁判する手間が省ける事もあるのでこのあたりの手続きに精通しているかどうかでその問題解決力が違います。

B型肝炎訴訟を弁護士に相談するならここ。

感染の有無を確かめ、診断後はB型肝炎訴訟へ

B型肝炎訴訟のニュースを耳にしても、人ごとに感じている人は少なくないでしょうが、肝炎は、誰にとっても身近なことです。かつて学校でおこなわれていた集団予防接種では、注射針の使い回しがおこなわれていました。

肝炎は進行が遅いので、気づかずにいるケースは多いのです。その後、自分でも知らないまま誰かに感染させたかもしれませんし、感染させられたかもしれません。

肝炎の検査は、なるべく早くおこない、感染しているとの診断が出たら、B型肝炎訴訟に加わることです。感染させられたことに対する正当な補償を受けるべきです。

B型肝炎訴訟で判明したかつての医療体制

数多くのB型肝炎訴訟ではっきりしたことは、大量のB型肝炎感染患者を生み出した原因が、かつての国内の病院の医療体制にあったことでした。

1948年から1988年の間に実施されていたツベルクリンなどの集団予防接種を例として、かつて病院内では一つの注射器を複数人に使用するという慣習があったのです。B型肝炎訴訟ではその点が議論の焦点となりました。

その裁判の結果、現在、厚生労働省を始めとした国からB型肝炎感染者に対して、病態に応じた給付金が支給されています。また病院に対しても、注射器の使い回しをしないようにという、厳戒な指導が加えられています。

B型肝炎訴訟を本人訴訟でおこなう

本人訴訟というのは、いかなる民事裁判においても可能なことではありますが、相手方に弁護士がいて、主張内容が相いれないような場合は、本人訴訟では不利になることが多いです。しかし、B型肝炎訴訟なら、比較的おこないやすい面があります。

書類をそろえさえすれば、認められて和解に至るという経過となりますので、書類さえ自分で用意できるなら、十分可能なことです。弁護士に依頼しても、B型肝炎給付金の4%までは弁護士費用が出ます。給付金の下限である50万円だとすると2万円となります。

B型肝炎訴訟なら本人でもできますので、どちらでも選択できます。

B型肝炎給付金に関する記事