弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎について

給付金請求手続きINFO

TVのCMでもよく流れているB型肝炎給付金についてはB型肝炎訴訟に強い弁護士事務所を探しましょう。

ネットで調べるとすぐにわかります。まずはネットで「B型肝炎給付金」と検索。

B型肝炎訴訟での給付金請求手続きを弁護士がサポート!過払い請求、交通事故相談も

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎訴訟の和解成立後に給付金支給

目次

  1. B型肝炎訴訟の和解成立後に給付金支給
  2. 日本におけるB型肝炎訴訟
  3. 請求期限がある大阪に事務所がある弁護士へのB型肝炎訴訟の相談
  4. 症状がある人のB型肝炎訴訟を大阪で活躍する弁護士に相談
  5. 集団予防接種が事の発端となったB型肝炎訴訟
  6. B型肝炎訴訟に関する出来事

B型肝炎訴訟の和解成立後に給付金支給

昭和23年から昭和63年までの期間に集団予防接種などを受けた際に、注射器を交換せずに使用を続けたことが原因で、B型肝炎ウイルスを持続感染をした方達が、国内に40万人以上とされています。

B型肝炎に感染をした方達が原告となり、国に対して訴訟を起こしましたが、平成23年6月23日に基本合意を終結し、国が責任を認めたので現在は和解しています。

7歳までに集団予防接種などを受けた方で、B型肝炎ウイルス持続して感染された方(一次感染者)と、一次感染者である母親からの母子感染が原因で持続感染をされた方(2次感染者)が、給付金の支給対象者になります。

給付金請求の期限は、平成24年から平成29年1月12日までで、金額はその方の症状によって違います。 裁判をする必要がある為、ご自分が該当するか事前に確認が必要です。

B型肝炎訴訟の弁護士について

日本におけるB型肝炎訴訟

日本においては法律に則って予防接種等が行われてきました。その際に注射器の使い回しによって40万人以上の国民がB型肝炎に感染してしまいました。そのため将来的な発症の不安や実際に慢性肝炎、肝硬変、肝癌などの発病に悩まされたため、これらの被害者たちが国へ法的措置に対する損害賠償を求めた訴訟が、全国B型肝炎訴訟です。

2011年6月に国を代表し、内閣総理大臣が謝罪することで基本合意が国と原告及び弁護団の間で調印されて成立し、今に至りこととなりました。

今もB型肝炎給付金申請は可能ですので、昭和16年7月2日以降に生まれ、B型肝炎ウイルスに持続感染している集団予防接種を受けたことがある方が対象となっています。

B型肝炎訴訟費用について

請求期限がある大阪に事務所がある弁護士へのB型肝炎訴訟の相談

無制限に大阪に事務所がある弁護士へのB型肝炎訴訟の相談が可能だという分けではありません。大阪に事務所がある弁護士へのB型肝炎訴訟の相談を行うには請求期限があります。

大阪に事務所がある弁護士へのB型肝炎訴訟の相談を行うと言っても、請求期限が過ぎてしまうと、給付金の受け取りが難しくなります。

大阪に事務所がある弁護士へのB型肝炎訴訟の相談が可能であるにも関わらず、まだ対応していない人は、なるべく急ぐ必要があります。

大阪に事務所がある弁護士へのB型肝炎訴訟の相談を行うなら、自分だけでなく、二次感染の疑いがある家族の分についてもまとめて相談する事により、手間を省けます。

B型肝炎訴訟の資料について。

症状がある人のB型肝炎訴訟を大阪で活躍する弁護士に相談

大阪で活躍する弁護士にB型肝炎訴訟を相談すると言っても、病態や症状によって、受け取る事ができる給付金の具体的な金額に差が出てきます。

B型肝炎訴訟を大阪で活躍する弁護士に相談する際に症状があり、症状が重くなればなるほど給付金の金額は高くなります。

B型肝炎訴訟を大阪で活躍する弁護士に相談する場合、本人が死亡している場合は最も高額な給付金を受け取る事ができます。

症状がある人のB型肝炎訴訟を大阪で活躍する弁護士に相談する際には、病院のカルテが証拠となる事もあります。

症状がある人のB型肝炎訴訟を大阪で活躍する弁護士に相談すると、必要となる資料の収集を行ってくれます。

B型肝炎訴訟には実績のある大阪の弁護士について。

集団予防接種が事の発端となったB型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟は、乳幼児期に受けた集団予防接種で、注射器の連続使用が原因でB型肝炎に感染した人々が、国に賠償を求めた集団訴訟のことです。

2011年6月、国との和解へ向けた基本合意がなされ、2022年1月まで給付金の請求期限を延長する法律が成立しています。

集団予防接種は、1988年まで約40年間続きました。
医療行為が原因となる医療病と言われています。

250万人とも言われているウィルス性肝炎の患者など、潜在的な問題点も多いです。全国B型肝炎訴訟原告団等が医療助成制度の創設を目指しています。

国がウィルス検査の実施を呼びかけていますが、認知度は低いのが現状です。

B型肝炎訴訟に関する出来事

集団予防接種等で、注射針または注射筒を複数患者に使いまわしたことが原因で発生したB型肝炎の感染を受けて、被害者や被害者家族が起こした訴訟をB型肝炎訴訟と呼びます。

昭和の特定期間中に起こった問題で現在も注目されており、注射針の連続使用を避けるために昭和33年から、注射筒の連続使用を避けるために昭和63年から患者ごとに使い捨てタイプに変えています。

未だB型肝炎に苦しむ被害者は多く国は補償制度として給付金の交付を行なっていますが、中にはこの集団予防接種によるB型肝炎との関連性を認められず、補償が受けられない方もいます。

関連する記事

メニュー

弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しようTOP B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 過払い請求 過払い大阪 交通事故相談 交通事故弁護士