弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎について

給付金請求手続きINFO

TVのCMでもよく流れているB型肝炎給付金についてはB型肝炎訴訟に強い弁護士事務所を探しましょう。

ネットで調べるとすぐにわかります。まずはネットで「B型肝炎給付金」と検索。

B型肝炎訴訟での給付金請求手続きを弁護士がサポート!過払い請求、交通事故相談も

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟が起きるいきさつ

目次

  1. B型肝炎訴訟が起きるいきさつ
  2. 意外と知らないB型肝炎について
  3. まずは弁護士会へのB型肝炎訴訟の相談から
  4. 早く行いたい弁護士会へのB型肝炎訴訟の相談

B型肝炎訴訟が起きるいきさつ

B型肝炎訴訟が世間でも取り上げられていますが、果たしてどのようなものなのでしょうか?まず手始めに、肝臓がんになってしまう原因の9割以上が、B型ないしC型肝炎ウィルスの感染によるものと言われています。

感染経路は血液や体液です。しかしながら、1950年頃から国は危険と知りながらも予防接種で注射器の使い回しを行ったことがありました。そのことからB型肝炎ウィルスの感染者が多くなってしまい、持続患者として肝炎や肝臓がんで亡くなってしまう人が増えてしまいました。当時の国のずさんな公衆衛生行政の被害者が起こした訴訟が、B型肝炎訴訟と言われているのです。

意外と知らないB型肝炎について

B型肝炎ウィルスに感染した方には、国から症状に応じた給付金が支給されます。過去におこなわれた集団予防接種で、注射器が連続使用されたことで感染したもの、家族が感染者、もしくは遺族の方に給付されることになっています。

B型肝炎給付金額は、国との和解により発生します。

B型肝炎訴訟手続きを正しく請求すれば、受け取れる可能性は高くなります。なお、特に自覚症状がない方や予防接種を受けたか定かではない方、3次感染の方も受け取れる可能性がありますので、請求されることをおすすめします。

請求には平成34年1月12日までという期限付きなので、早く調べる必要があります。

まずは弁護士会へのB型肝炎訴訟の相談から

最終的には給付金を受け取りたいと考えている人もまずは、B型肝炎訴訟の事で弁護士会に相談するといいでしょう。

弁護士会に相談すると、B型肝炎訴訟の事について詳しく把握できていなくても、分かりやすく教えてくれます。

また、B型肝炎訴訟について対応できる法律家を弁護士会が紹介してくれます。ですので、どうしていいか分からない時には、まず弁護士会にB型肝炎訴訟の事で相談してみましょう。

知識がないと不安に感じる事もありますが、B型肝炎訴訟の事で弁護士会に相談するには、期限がありますので、過ぎてしまう事がない様にしましょう。

最終的には無事にB型肝炎給付金を受け取る事ができればいいでしょう。

早く行いたい弁護士会へのB型肝炎訴訟の相談

自分の好きなタイミングでB型肝炎訴訟の相談を弁護士会に行う事ができます。しかし、弁護士会にB型肝炎訴訟の相談を行ったとしても、給付金の受け取りには時間がかかります。

また、B型肝炎訴訟について弁護士会に相談するには、期限があります。

まだ、B型肝炎訴訟について本格的に弁護士に相談するかどうかわからないという場合でも、弁護士会に相談する事ができます。

B型肝炎訴訟について、弁護士会に相談する事で、法律家と話ができます。その事が解決のきっかけとなる事もあるでしょう。

残りの時間はそう長くはありませんので、相談したいと思い立った時には、できるだけ早めに相談する様にしましょう。

関連する記事